« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

女子旅行

はじめての女子旅行virgo

・・・・・・・と、言いましても昨年嵐様karaokeのコンサートで札幌に飛びairplaneまして、

家族を置いて出かけられる身分になったのを実感しまして

はじめてheart02も~う結婚依頼はじめて~の女子旅行に参加heart02

わ~いわいlovelyひとりっていいなぁlovely

を存分に楽しんできました。

ではではpaper二日間を凝縮してご紹介いちゃいますgood

メンバーはアシーナさんでの出会いが結成のきっかけとなりとh

ここ2年続けてホビーショーに出展している

ジュエリーBOX のメンバー

藤井幸枝先生・佐々木静先生・大西かをり先生・柏谷秀子先生

と、私 大塚ゆみちゃん(自分でちゃんをつけるなぁ~impact

の5名の参加です。

7月28日8時北松戸集合で藤井先生の車で東北道を安全運転でスイスイrvcar

日光到着は10時半頃でしたでしょうか!

本日一番に行こうと決めていた日光天然氷の松月庵

Img_2004
(柏谷秀子先生と店先で)


えっ~~~~~~~

まだ並ぶの~~~~~~

時間つぶしにお昼ご飯を先に済ます事に・・・・・

Img_2001     偶然にも入ったお蕎麦屋さん

天ざるが美味しかった~~~~lovely

Img_2008_2


こちらが天然氷のかき氷

私がオーダーした特上マンゴーshine

濃厚なお味で氷はふわふわ

美味しい~~~~~

Img_2022


日光白根山の麓に位置する湯ノ湖から流れる湯滝の前にて

Img_2027


滝の側面には遊歩道が設けられていてこんな風景を見ながら散策できました!

こんな静かな所が大好きです。

Img_2033


中禅寺湖にて

元気なかをりちゃんのスナップ写真を

どうぞ

lovely

Img_2047


日本三大名瀑のひとつ 華厳の滝にて

Img_2048


何度も訪れていますが、中禅寺湖から流れる高さ97Mno岸壁を一気に落下する

壮大な姿と激しい爆音に心が鎮まる想いです。

さて         宿泊先のディナーで~~~~~~す!

Img_2054

隣の小皿に日光湯葉もついてきましたオードブルです!

Img_2055


スープhappy01

Img_2058_2


グラタンheart04美味~~~~~~

Img_2060_2


こちらお宿のオーナーからサービス頂いたワインwine

今日のお宿は佐々木静先生ご紹介のペンション 『ありの塔』

佐々木先生とはお付き合いも深く、特別にご用意くださいました!

佐々木先生、オーナーさん感謝です。

・・・・・・・って この前に赤ワインオーダーをボトルでオーダーして

まだいける 私達です・・・・・・・・・・coldsweats01

Img_2059_2




う~~~~~~ん

一週間かけて準備されるという こちらのお肉サイコ―lovely

Img_2062


最後はデザートheart04

も~う お腹も心もいっぱいで~す。

・・・・・・・・・・・・で・・・・・・・・・・・・・・・・・

今宵は女子会の Main     Event  お部屋でのbeer

いや~飲むは、しゃべるは、えっまた食べてるのは・・・・・shadow

さらに朝食もアップしちゃいます!

Img_2063


帰ってから、しっかり体重チェックしなくては・・・sweat01

Img_2094


あいにくの大降りな雨にもめげず

今年春オープンしたばかりの藤城清治美術館へ

現89歳をむかえられる藤城清治さんはこの世界を展開し続けて60年以上になられます。

このオープンにむけて制作された

『魔法の森に燃える再生の炎』

現在持っている 情熱のすべてを注いだ作品とコメントされていました。

(実際にはこのような言葉ではなかったのですがsweat01

比較にもなりませんが、私はトールペイントを初めてまだ20年あまり・・・・

まだまだ やるべき事がたくさんあるのだと改めて気づきます。

駐車場に入るのに1時間

観賞に2時間

有意義な時間でした!

Img_2068


藤城清治の世界に入るのにぴったりでした!

さぁ今日のランチは炭火焼ステーキをいただきに・・・・・・・・

Img_2087


こちらお店の外観に合わせて 置かれていたオブジェのような赤いベンチ

緑の森と大変マッチしている感がありました!

そして肝心のステーキ・・・・・・wave

あ~本当に旅っていいですね

はじめての女子会はとっても楽しかった

最後にみつけた キノコちゃんをご覧いただき

ここまで読んで下さり 感謝の気持ちとさせていただきます。

P.S    八重山めぐり・・・・・・まだ続くんですが来月になりそうですcoldsweats01








八重山めぐり  3

八重山めぐり

6月29日三日目です!

石垣島からフェリーで約10分

竹富島にやってきました。

Img_1486

この島は半日もあれば自転車で回れるくらい小さな島です。

Img_1476

Img_1493

赤煉瓦の民家やシーサー

白砂を敷き詰めた道と琉球石灰岩の塀

Img_1510_2

一年中咲き乱れるというブーゲンビリア

この道が真っ赤になる時もあると教えていただきました。

Img_1515 

教えてくれたのは、またまた登場

水牛引きのおじさんtaurus

ここでは、この水牛『満作くん』に乗りました。

皆で三線に合わせて、とても有名な『てぃんさぐの花』を唄いながら

島をゆっくりと案内していただきましたwink

Img_1479

Img_1489

こちらは竹富島のカフェbar

ちょっと時間がなくて、残念でしたsweat01

(入りたかったなぁ)

Img_1518

そしてこのとても沖縄の象徴的な原風景漂う竹富島ともお別れして午後は小浜島にむかいます。

mist小浜島ですmist

Img_1557

Img_1555

Img_1553_2

レンタカーを借りて島めぐりrvcar

ここは、NHK朝のドラマで有名なあの『ちゅらさん』 の舞台になった小浜島です。

Img_1540

ちゅらさんの家!

こはぐら荘です。

観光客がたくさん写真を撮っていました♪

もちろん私もそのひとりlovely

Img_1576

どこまでも続くさとうきび畑やただただ一面に広がる草原が美しい

Img_1537

お腹が空いたのでランチを

Img_1536

島のカレーに、チラガーサラダ(豚のほほ肉)とミミガ―サラダ(豚の耳)

どちらもサラダにすると食べやすかったです。

Img_1566

ここは、ドラマちゅらさんで主人公が船を追いかけるシーンで使われた細崎(くばざき)の防波堤

距離にしてかなりありますし、強風にあおられゆっくりここまでたどり着いたものの

私でもcoldsweats01吹き飛ばされそうshock

しかも 恐かった(?_?)

Img_1562

撮影者のガイド君

今の逆光だったからと反対側にまわり美しい美しい小浜の海をバックにパチリしてくれましたcamera

島はそれぞれ表情が違って魅力的です。

さぁこの島ともさよならをして、今夜も石垣の夜を迎えますnight

八重山めぐり   2

ブログ開始依頼初・・・の、超超ロング文に挑戦した昨日good

実は三日がかりでして・・・coldsweats01

二日またいで完了まじか・・・のところで、まさかぁの操作ミスimpact

削除してしまいまして・・・

昨日は必死で書き込みました・・・happy01

さぁ気を取り直して Vol.2へ・・・shine

sunさて二日目ですsun

Img_1365

パイヌヤマホテルの朝

朝食の和洋バイキングをいただき、ちょっとお庭をお散歩boutique

Img_1344

この庭にある木の、幹に渦巻模様がある部分に触れると金運があがるよっと

ガイド君が言うので背伸びして渦巻部分をすりすりっpaper

 

shineそうそう昨日は、こちら星砂の浜でシュノーケリングしましたwave

Image

写真左手の岩場の間がサンゴ礁と魚達をたくさん楽しめるスポットpisces

カクレクマノミも居たよ~

サンゴ礁と魚達に誘われて進むといきなり凹とした深みにハマります。

この凹を囲むサンゴ礁の側に大小様々な魚達がpisces

ガイド君            『恐くないの?』

私                『なんで?』

ガイド君            『初めは怖かった・・・・』

そしてさらに沖合に向かうとドロップオフ

(サンゴ礁の切れ目でいきなり数メートル深くなっている)

という場所があるらしい

私                『じゃあ行こうよ♪』

ガイド君            『・・・・・・・・・・・・・・』

(^。^)y-.。o○

で、今日は西表島から由布島まで浅瀬の海の中を水牛車に乗って渡ります。

Img_1381

一頭が14、5人程を乗せ重さ一トンになるともいう私達をゆっくりと運んでくれます。

三線片手に水牛を引きながらガイドさんは大変ですが、水牛はゆっくり進むので

潮風を肌に感じながら、のんびりした気分になります。

Img_1391

私達を運んでくれた水牛と記念写真camera

由布島はかつて離島から移り住んだ人々が西表を行き来して暮らしていたが、1969年の台風で島の大半の人が亡くなり、それにより西表へ移り住んでしまったそうですが、当時ふたたび由布島に人々が戻ってくることを願い、ある老夫婦が多くのヤシの木や花々を植え現在では、沖縄本島でも見られない亜熱帯植物や生物が生息しているそうです。

clubさて、午後はマングローブ林に出かけます。club

仲間川という西表で二番目に大きい川で上流をさかのぼるとサキシマスオウノキ群落があるそうです。

Img_1400

川の流れに沿って遊覧ボートでゆっくり・・・・・

マングローブ林には、マングローブという木は一本も生えていないそうです。

海水に耐えられる性質を持つものをマングローブと呼び、日本では、沖縄、宮古島、石垣にそれぞれ4~6種類あり、ここ西表島では全7種をみることができるそうです。

Img_1412

上流にのぼり20分程?だったかなsweat01すると およそ樹齢400年と言われているサキシマスオウノキに出会えます。

巨大昆布のように平べったい根っこがうねうねと地を這う姿に圧倒されます。

ちなみに板根と呼ぶそうですがcoldsweats01

一番高いところで、1M以上はあったかなぁ??

2Mになる場合もあるそうです。

さて、夜は石垣島に宿泊です。

レンタカーを借りて市内を移動します。

今夜の夕げは?と、レンタカーショップのお兄さんに尋ねると

こちら焼肉屋さんを紹介いただいたので行ってみることにしました。

Img_1461

店内は広かったのですが、人気店とみえて順番待ち・・・・・お腹すいたぁ~

でもしっかりいただき満足満足taurus

石垣島のコンビニはCOCO!

あちらこちらに点在していました。

さぁ今夜は早く寝ようっと

八重山めぐり 1

一足早い夏休みを堪能してきましたhappy01

6月27日朝6時半のフライトairplane

前日3か月に一度発表のレスミルズBody JAM64お披露目のレッスンがあり、とてもじゃな

いけど外せない私happy02

レッスン後軽くシャワーをあびて羽田空港に前泊!

ファーストキャビンに泊まりました。

昨年できたばかりだそうですが、なかなか快適spa

お値段もお手頃でした!

朝一時間前に起きて身支度整えチェックイン(楽ちんで~す)

石垣空港到着後、離島ターミナルからフェリーに乗って西表島へ

沖縄に着いて初めてのランチは、お若く元気もりもりな「おばあheart04」のお店で調達!

お話しながらお麩チャンプルとソーキそばにビールを調達!

お人柄そのままの美味しいランチでしたheart01(しかもいっぱいおまけしてもらっちゃったしlovely

Img_1232

また、石垣に行ったら是非寄りたいなっ

お孫さん10人いらっしゃるんですって(^O^)

いいなぁ~私も(まごまごgemini)ほしいなぁ~

Img_1237

こちら偶然にも出会った美しい人virgo

なんとびっくりなのは私と同様にあの古屋加江子先生の門下生の小野部伸子さんです。

他にも共通する事が多く、こんな日本の南で出会う事ができるなんて

ここ最近遊び呆けている私に本来の進むべき道に早く戻るよう

神様が用意してくれた素敵な出会いだと思わずにはいられません。

西表までの40分程、とても話が弾みました!

なんだかこの旅は素敵な予感でいっぱいですheart04

Img_1250

西表島到着!こちら今回の旅のガイドを務めてくれるメンズです。

(こんなの載せたらおこられるかなぁcoldsweats01

Img_1268

遠くに見えるのは由布島です。

西表島は沖縄本島に次ぐ広い面積を誇り、島の90%を亜熱帯ジャングルに覆われ

ています。

ホテルは、人里離れたところにあるパイヌヤマホテル

お部屋はゆったりとし、窓からの風景は、西表の自然を体感できる癒しの空間です。

【お部屋の中にヤモリがお邪魔するかもしれません】

とのお手紙が置いてありました。

実際この旅で何度もヤモリの訪問を受けましたbud

また、この島は制限速度40キロ

対向車に出会う確率も少ないです。

Img_1324

ここは宇多良炭鉱跡地

県道からジャングルの中を周りの植物に気を付けながら(触ると危ない葉や、ハブより怖

い毛虫がいるそうですannoy)厚さと湿度にひぃひぃ言いながら20分程で到着!

1930年当時400人程を収容する炭鉱村でしたが、1943年太平洋戦争が始まり石炭の急速

な需要で過酷な労働条件対して炭鉱夫の軍隊への招集、石炭の輸送の寸断により休止

状態になり、さらには沖縄戦の空襲により大半が破壊されてしまったようです。

写真の赤レンガで出来たレールの支柱です。

閉山後ガジュマルの木が絡み付き遺構全体がジャングルに飲み込まれていく様。

70年という歳月に自然界の無限なる力。

じわっと汗を流しながらたたずむ私の脳裏には当時の活気に溢れる炭鉱村を想像しつつ

この時代に生きているちっぽけな存在である自身の幸せを感じました。

炭鉱が日本の近代化に貢献した業績を後世に伝える為、現在、日本近代化産業遺影群のひとつに認定されているそうです。

さて初日のディナーは、ガイド推薦のレストラン【KICHEN INABA】へ

途中 街頭も信号も対向車もない道を走り出会うのは、こんなお友達ですcancer

Img_1332

店内は、とてもお洒落な雰囲気で、ここは内地??

(沖縄の人は、私達をこう表現するようです)

と、思うほど西表島の自然とのギャップが・・・・・

三線を聞かせてくれる事も人気のひとつだそうですが、残念ながら本日は演奏者出張ライ

ブの為お休みでした。

Img_1333_2

生ハムとトマトのサラダにアオサのかき揚lovely

Img_1334

タコとなんだっけ?coldsweats01かの、カルパッチョ

Img_1335

グルクン(沖縄の県魚)のから揚げheart04

美味ぃ~~~~

Img_1336

ガイド君がペロッと平らげた牛ヒレステーキtaurus

Img_1337

これまた、ガイド君ご注文の日替わりピザgood

Img_1338

そして地元食材の、いのししそば

これオーダー率が多いように感じたので注文しましたが、いのしし初体験の私には(^_^;)

最後に写真を撮り忘れましたが、トマトと海ぶどうのサラダはとってもおいしく、オリオン生

ビールをおかわりbeerで、またおかわりbeer

(しあわせぇ~~~heart04

そしてホテルに戻り、ガイド君が最初の夜にプレゼントしてくれた本日最後のツアー

は・・・・・・

街頭も月明かりもない県道、道の端に車を止め、外に出てそらを見上げてびっくりeye

遮るものが何もなく何処までも見渡すことができる夜空一面に広がる無数の星shine

88ある全星座中84種類を見ることができるそうです。

中でも夏の主役というティンガーラ(天の川)の存在に圧倒されます。

見渡す限りの星空

しかも、こんなに大きく見える星の数々

まるで天然のプラネタリウム(もっとロマンティックな表現がしたいけど、みつからないcoldsweats01

敵わないね・・・・・・・・

どんな物も・・・・・・・・

残念ながら我が家の一眼レフでも写真に収める事はできませんでしたが

今も目を閉じると風と海の静けさと美しい星空が・・・・・・・・

ガイド君ありがとうheart04

さぁ ホテルに帰ろうね~

静かで美しい自然の島 西表島

帰り道、絶滅危惧種であるイリオモテヤマネコを監視する野生生物保護センターらしき車

を見かけました。

無数の星のみに見送られおやすみなさ~いnight

めげる・・・・・

昨日から必死に書き込んでいた超超ロングな記事を削除してしまった・・・・crying

私にしては珍しく画像もたっぷり、コメントたっぷり入れたのに・・・・・

あまりにもショックで・・・・・・

ジム(いつものcoldsweats01)行っちゃいま~す!

帰ってきたら覚悟してやり直そうっとbleah

このぶんだとアップは明日の夜か・・・・・・・sweat01

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »